本文へスキップ

岡山県エココンクリート製品協同組合は岡山県エコ製品の認定商品を創り出す組合です。

TEL. 0867-52-3775

ランデス株式会社内

組合紹介Union introduction

組合方針

高品質エコセメント製品の安定供給を目指しながら資源循環型社会貢献に努力を重ねて参ります。 


概要

岡山県エココンクリート製品協同組合
法人番号    
2260005008639
法人指定年月日 2015年10月05日
設立      2003(平成15)年4月
住所      719-3192
        岡山県真庭市開田630番地1(ランデス株式会社内)
電話      0867-52-3775    

理事長メッセージ

CEO

県当協会は、昭和25年に発足し、プレキャストコンクリート製品の品質や技術の向上並びに製品の普及・促進に努めている団体です。
  プレキャストコンクリート製品は、現場でなく工場等で事前に製品を製造(プレキャスト)するため、安定した品質の製品を素早く供給できるなどの特徴を生かして、道路・橋、鉄道、河川・港湾など多くのコンクリート構造物に使用され、社会の基盤を支えています。 
社会的な課題への対応においても、コンクリート製品は、重要な役割を果たしています。
  例えば、プレキャストコンクリート製品を使用することで施工工事の期間を短縮することができるなど、今後の労働力不足の制約への解決策の一つとして大きな期待が寄せられています。
防災等の面で、防災対策や災害復旧に大きな役割を果たすとともに、より快適な生活環境の整備に貢献しています。
  さらに、道路整備等では、労働力不足対策や工期短縮による利用者の不便さ低減だけでなく、環境面では、工事に伴う交通渋滞によるCO2排出量を大幅に低減できます。当製品業界は、産業廃棄物や一般廃棄物から作ったセメントや骨材を用いたリサイクルコンクリート製品の製造を通して、我が国の低炭素社会・循環型社会の構築にも貢献しています。
  しかし、製品や業界のこのような役割を市民の方々に対し十分に説明できていない現状を踏まえ、2010年から「コンクリート製品検定」を実施するなど、プレキャストコンクリート製品の必要性・重要性への理解促進にも努めていいます。
 このように、近年、業界全体に関わる課題が増えてきていること等に鑑み、当協会では、団体正会員の区分を設けるなど、業界共通の課題に取り組めるよう組織を整備することとしました。業界の皆様の積極的なご参加をお待ちしております。
 最後に、今後とも、当業界の健全な発展を目指して活動してまいりますので、関係者の皆様方の当協会への益々のご指導・ご支援をお願いいたします。


組織図

CEO














理 事 長 大月隆行 (ランデス株式会社)
副 理 事 長 仲田泰輝 (大和クレス株式会社)
理   事 藤井昌三 (株式会社オーコ)
理   事 永山 修 (岡山コンクリート工業株式会社)
理   事 岩田典久 (日本興業株式会社)
監   事 小林嗣知 (岡山県ブロック工業株式会社)
監   事 小山光介 (株式会社サイコン)
事 務 局 山口 薫 (ランデス株式会社)
広報委員会 中谷敏樹 (大和クレス株式会社)
技術委員会 井上雅臣 (大和クレス株式会社)

沿革

2001(平成13)年12月
「岡山県循環型社会形成推進条例」制定
2002(平成14)年10月
「岡山県エコ製品」募集開始
2003(平成15)年 4月
岡山県エココンクリート製品協同組合設立
組合設立時のエコ認定製品
① 岡山県コンクリート製品技術協会 取扱製品     :2品目
② 岡山県農林土木コンクリート製品技術協会 取扱製品:6品目
③ JIS製品                    : 5品目
2010(平成22)年 8月
エコ認定製品が1品目追加になる
岡山県コンクリート製品技術協会取扱製品が1品目増
2014(平成26)年 7月
中里産業(株)と「雑草防止工法」の分権契約締結し、
全国雑草防止工法研究会ヘ入会
2016(平成28)年 8月
エコ認定製品が2品目追加
2018(平成30)年 8月
エコ認定製品が2品目追加


バナースペース

お問い合わせはこちら

岡山県エココンクリート製品協同組合
事務局
〒719-3192
岡山県真庭市開田630番地1
 ランデス株式会社内

TEL 0867-52-3775
FAX 0867-52-3775